• ヒットするのはいまのところ有名な方のツイートなどのみであって、弱小の私がツイートした内容などはヒットするわけがなかった
  • ようするに競合他社分析として使うもの
  • 将来を考えるなら、自分のサイトが強くなってインフルエンサーになるのであれば、自分の影響を分析できる
  • そもそも競合他社分析なので、おとなしくそのような使い方をして「何が影響を引き起こすのか」を分析するべき
  • BuzzSumoと類似。日本でもそれなりに名を知られているためそちらを調べて使い方を学ぶといい
  • 日本語フィルターはあるが、日本語で検索すれば勝手に日本語の記事やツイートが表示される
  • 英語キーワード(KeePassだとか)を使って日本語フィルターにすれば日本語は検索できる……が、上記の通り弱小サイトであるやりすぎセキュリティのKeePass記事はヒットしない
  • どう考えても将来向けツール
  • 割とシンプルで使いやすい
  • Facebook・一部Webページ・ツイート・redditなどのバズリ具合を視覚化できるけど、一部有名SNSがないのはAPIの関係で廃止されたためだそうで、仕方がないことだそうな(BuzzSumoに無いものはこちらにも無いという認識でOK。わかりやすいのはインスタがない)